« さんたま屋 | トップページ | 飲みすぎ »

2007年11月21日 (水)

うた新まつり

北区滝野川会館にて
参加費 2000円

Utashinmatsuri

日本のうたごえ祭典in奈良の東京での前夜祭とでもいうのでしょうか、うたごえ新聞の読者と編集部をつなぐイベントに参加してきました。
三輪編集長の取材の苦労話、裏話など、楽しく聞かせてもらいましたけど、面白かったのは、「歓喜の歌」の監督とのインタービューの話。

ご存知のように、ダブルブッキングというドタバタを描いているのですが、その背景に合唱団の日常生活が描かれていると言う点。
さらに、原作の立川志の輔がいう、「バスの屋根の上で一夜を明かしたときに勇気付けた『上を向いて歩こう』などあの世代に共通したうたがいまの若い世代にあるのだろうか」という提起をうたごえとしてしっかりと受け止めてゆきたい、と。

来年の映画の公開が楽しみになりました。

|

« さんたま屋 | トップページ | 飲みすぎ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。